まゆドットこむ~カミネンズ~”大人な”セカンドシングル「HEBANA / 乙女の心は万華鏡」リリース

News

 2月22日、秋田市中心部のエリアなかいち・にぎわい交流館AU(あう)1階、三角ステージにて、まゆドットこむ~カミネンズ~のセカンドシングル「HEBANA / 乙女の心は万華鏡」リリースイベントが開催された。

 

r_20150222_162936

r_20150222_161534_01

「まゆドットこむ~カミネンズ~」は、秋田のご当地アイドルpramo(プラモ)のラジオレギュラー番組「プラモ+(プラス)」の2012夏休み企画「紙粘土で作ろう秋田!!」から生まれた、MAYUとKOMUGIの二人からなるユニット。1年半ぶりとなるセカンドシングルのリリースとあって会場には多くのファンや観客、pramoのメンバーらが詰めかけ満員となり、二人も感激した様子だった。

 

r_20150222_163550_03

r_20150222_162356_02

rr_20150222_162413_01
 秋田フォーラス3Fのセレクトショップ「LUXE」より衣装提供を受けたという大人っぽい姿で登場した二人、13cmのヒールでMAYUは身長180cmを超え「進撃の巨人みたい」と自称。「何頭身なの!?」とKOMUGIからツッコまれる場面も。和やかに始まったリリース記念ライブはデビューシングルから「KiMi Connection」、「HEY 彼女」の2曲とライブ専用曲の「アイスクリーム・フレンド」を披露。

 

r_20150222_162648_01

r_20150222_162724

 ここでセカンドシングルCDの実物を初披露。さまざまなポーズでジャケット写真を撮影したものの、いざ出来上がってみるとデビューシングルのジャケット写真と同じポーズだったことを明かすと、会場からは笑いが起きた。

 大人っぽい感じに仕上がっているという今作、作詞・作曲・編曲はおなじみのKon-K氏が担当、「HEBANA」(秋田弁で親しい間柄の「さよなら、バイバイ」の意)は別れの歌ながら、明るく前向きな旅立ちと再会の意味を込めた卒業ソング、「乙女の心は万華鏡」は年頃の女子の揺れ動く気持ちや思いを万華鏡に例えて表現した曲となっており、次々と移り変わるふたりの歌唱パートも見どころのひとつ。

 まゆドットこむ~カミネンズ~のセカンドシングル「HEBANA / 乙女の心は万華鏡」は現在、各イベント会場、万SAI堂秋田店・万SAI堂大曲店の店頭での販売のほか、pramoの公式ショッピングサイト”pramostore(プラモストア)”での通信販売を行っているとのことなので要チェックだ。

 

pramostore/HEBANA
http://www.pramo-store.com/item/itemreco/1226/

 

hebana-300x300

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました